スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また逢う日まで

阿久悠さん尿管がんで死去、70歳
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=265856&media_id=8

尻毛に鈴をつけてワンダバ…(アオミドロ氏この場を借りてお詫び申し上げます。勝手に書いてすみません。)

この歌詞が真っ先に出てきたのはやはり毒電波歌の影響。
でも、この毒電波歌がなくてもこの曲は良い曲です。

謹んでお悔やみ申し上げます。

そのうち私も逢える日が来ると思いますので、それまで。


この原曲を聴いた時思い浮かんだのは「ロミオとジュリエット」。シェイクスピアの三大悲話の一つですね。

二人でドアを閉めて
二人で名前消して
その時心は何かを話すだろう

私は勝手にロミジュリを想像しました。
姫乃木は悲しい話が大嫌いなので、この話も嫌いなんですけども。
「ロミオ、貴方はどうしてロミオなの?」
「ジュリエット!貴女はどうしてジュリエットなんだ!」
どうだっていいじゃん、そんなこと。
なんだっていいじゃん、そんなこと。

たかだか名前なんだから。

生まれ、育ち、地位、名誉、学歴、年齢。
そんなことどうだっていいじゃん、ただたんに「好き」になったなら一緒になればいいんじゃない?

ってずっと思ってたんだよね。
条件で恋人や伴侶決めるなら二次元でいいじゃん。
データの塊なんだし。なんだって好きに決められるよ。
顔。スタイル。名前。性格。年齢。学歴。生まれ。育ち。

でも生きてる人間ならそんなもの決められるわけもないよね。
産む方も産まれる方も決められません。
なら、あと残るのは「お互いの気持ち」だけ。
好きって気持ちは悪くないんだから。
くっつけばいいじゃん。

なんて凄く無責任で適当に気楽に生きる女。

でも考えすぎて動けなくてチャンス逃して死にました。
なんて結果はやだもん。
生まれ変わったら一緒になりましょうなんて。
ドラマや小説だけで充分だし。

尻毛に鈴をつけてワンダバるような気楽さでいいと思うなw
やっべ。
阿久悠氏について何にも語ってない!!

あ、そっか!
人間がダメなら宇宙人に頼ればいいんだ!!

なんてところで今夜はおひらき♪
まったねん♪


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。