スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんの痴漢がああああああああ!!!

今日、電車の中で痴漢に遭った。

いや~、今日はむかついた!!
姫ご立腹。
私が痴漢に遭ったことなどどうでもいいのですが。
他の女性達にも知ってもらわないと。
同じ手口でやってくるかもしれませんから!!

今日の講義、心して聞くナリ。
え?しょっちゅう遭ってるからいろんな手口知ってる?
そら失礼しました。

まぁ、ちょいと聞いてやってくんなまし。

その男。
ちょっとだけ空いてるにもかかわらず私の目の前に来ました。

ちなみに、私はドアの前にいました。

吊革はあいてなかったようで。
ちょいとばかし不自然さは感じていましたが。
まぁ、ドアに寄りかかるつもりなのかなって思ってました。

そして。
私の胸の前で漫画を開きました。
「こち亀」
なんで?
わざわざ?
その差3センチです。

ず~~~と疑問に感じてまして。
でも真剣に読んでるし。
彼が漫画を自然に開く位置はたまたま私の胸のまん前なのだろう。
そう思うことにした。

揺れますわね。
電車は。

触れるんだよ。
手が。
胸に。

何回も。

最初気付かなくってさ。
だんだんこんできてついに満員になって。
それでも読み続けるんだよ、こいつ。
私も最初美味しんぼ読んでたけど、ついにやめた。
なのにコイツは開き続けるのさ。漫画を。
そんでもって触り続けるわけ。

最初は全く気付かなかったんだけど。
何回もやってくるから。
ついにブチってきてどいたの。

そしたら!!

他の女の子にターゲット変えたのよ!!
びっくりしたわ!
まだやり続けるのかお前は!!

しかも私の目の前で!!

これはもう、僕が君を守る!!!!!
正義感に燃えましたよ、これは。

胸と漫画のその差3センチくらいの間に私の腕をねじりこんでやりました。
私の腕がある限り胸は触らせない!!

同じ女として、犠牲者は私だけでいい!!

でも、守られたのは右だけ。
左はやはり犠牲に…。

でもね!ハッキリ言えなかったの!!
「お前自意識過剰だろ、誰が触るかバ~カ!」
って言われたらどうしよう!!!
って思って言えなかったのぉ><
「誤解を生むので、女性の胸の前で漫画読むのやめたらどうですか?」
は言おうと思ったの!!!!

でも、でも、そしたら大事になるかもしれないって思って。

時間が無かったから、とりあえず電車降りたらダッシュしなきゃいけなかったから…。

時間あったら絶対言ってた!!
そのまま鉄道警察に連れ込んでやったのに!!

も~~~!!!!
なんで!?
なんでそういうことするかなぁ!!!

ズボンに手を突っ込んだまま触るとかさ~!
鞄でさわるとかさ~!
商品取るフリして触るとかさ~!

あ~も~!!
むかつく!!

何よりいえない自分が嫌。
だって自信ないもん。
手口に関しても。
「自分は触られることはない」ってのが凝り固まってるし。

でさ~。その男がまた普通な奴なのよ。
見た目的には好青年なわけ。
しかもお姉さん指(なんていうんだっけ?)に指輪ですよ。
彼女いるわけですよ、多分。

何でそんな奴が?
彼女でも触ってりゃいいじゃん!!!!
何でお前は他人に手を出すのか!!
なんで被害者の気持ちを考えないのか!

私なんて「触られた事実」にも腹を立て「触られた事実を否定するしかない、これはただたんに誇大妄想だと思うしかない思想」にも腹を立て。
もうご立腹なのですよ!!
二番目の方は私のせいだけどね、完全に…。
誰のせいでもないけど。
そういうブスも多いんだよ?
もう、三重苦なんだよ。
触られて、否定して、妄想ってことにして闇に葬るっていう。

お願いですから。
やめてください~!!!
ここでいったってしょうがないことくらいわかってるけど!

ブスにはブスの生き方がある!!
面白いし、美人にはない楽しさもあるの!
それは納得してるの!!
だってブスなんだもん!!
事実だもん!!!
でも、こういうことは悲しいのぉ!!



ふえ~~~~~~~~~~~~ん(号泣)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。